シミ予防美白対策のスキンケアや食事

シミ予防美白対策のスキンケアや食事

シミを予防するためには、紫外線の強い春夏以外でも1年中美白対策が必要です。
成分が分かりにくい場合は、医薬部外品からスタートしましょう。

 

・シミができるメカニズム

 

紫外線を肌に浴びると、表皮細胞からエンドセリンなどの物質が分泌されます。
これが、メラノサイトのスイッチになります。
メラノサイトでメラニン色素の生成がスタートします。
このときに、チロシンというアミノ酸に対してチロシナーゼという酵素が働いて
メラニン色素へ変わってきます。
メラノサイトの過剰な活動が続き、シミとなって現れます。
ターンオーバーも遅くなり、シミが残ってきます。

 

・美白化粧品の働き

 

シミ対策ができる美白化粧品は、メラニン色素にアプローチします。
医薬部外品に使用される、有名な美白成分と働きをお話します。
・ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に吸収しやすい形に、変化させました。
抗酸化作用があり、ニキビの炎症を抑え毛穴の開きなどのエイジングケアも可能。
・カモミラ炎症T
ハーブのカモミールの成分で、抗炎症作用があります。
・アルプチン
コケモモから抽出される成分で、チロシナーゼを抑制します。
・プラセンタエキス
胎盤から作られる成分で、チロシナーゼの作用を抑えます。

 

・美白対策に効くメニュー

 

美白対策は、体の中からも実践しましょう。
朝食に食べてもらいたいのが、ビタミンCたっぷりのフルーツです。
キウイ、りんごを食べやすい大きさに切ります。
ローズヒップティーを作って、はちみつを入れて果物を中に入れます。
ローズヒップティーは、ビタミンCが多く抗酸化作用が強いです。
アントシアニンも含まれているので、ビタミンCとの相乗効果で
メラニンが増えるのを、抑えてくれます。

 

 

・最後に

 

ここでは、シミができるメカニズムや美白成分、
体の中から、美白対策をするメニューについてお話しました。
いかがでしたでしょうか?
美白対策は、毎日継続する事が大事なので使いやすいテクスチャーの化粧品を使いましょう。